2014年4月25日金曜日

しばらくお休みします

って、ずぅ〜っと投稿していなかったので今更なんですけれど。
今日、読書リストをアップデートしようと開いてみて、去年の8月から更新せず放っぽり出していたことに気づきました。ごめんなさい。

Facebookを始めてからと言うもの、何かエピソードがあった時にそちらに書いてしまうと、改めて同じことをブログに書くにはもう興奮も醒めており、書かず仕舞いでここまで来てしまいました。

またFacebookに飽きたらこちらに戻って来るかもしれませんが、当面はお休みということにいたします。

少しだけ近況を書きますと、ブログのメインキャラクターとも言えたジョダですが、1月に突然死んでしまいました。アレルギーによるショック死です。そう、アナフィラキシー。犬にもあるとは知りませんでした。

私は例によって例のごとく出稼ぎにでており、このときはジョダをシナコのアパートに預けていました。シナコが面倒をみるのではなく、ルームメイトのリアにアルバイト料を払って、ジョダはリアの部屋で寝起きしていいました。

ある日の朝、シナコは既に早朝からコーヒーショップのアルバイトに出かけており、リアもアルバイトに出掛けるべく、支度を始める前にジョダをアパートの庭に5分ほど出したそうです。その後リアは洗面所かどこかにいたのでしょう。30分ほどでベッドルームに戻ると、何か臭う。見るとジョダがベッドにウンチをしていて、口から泡を吹いて引きつけを起こし、息も絶え絶えになっていたそう。慌ててシナコに電話を入れ、ホテルにいた私にシナコからジョダが死にそうだと泣きながら電話がありました。

すぐにシナコに獣医に連れて行ってと頼んだのですが、「バイトは今私一人だからお店を出られない。。。」と。じゃあリアに連れて行ってもらうようにお願いして電話を切りました。日曜日だったので救急の獣医しか開いていません。ネットで住所を調べ、リアの携帯に送りましたが、あいにく2人が住む町には救急医はおらず、40分離れた隣町にしかありません。

しばらくしてからリアから電話。「ジョダがもう冷たくなってしまったから、連れて行ってもダメだと思う、引き返すね」と。

その後リアはアルバイトに行き、暖房の効いた部屋にジョダを置いておくのはどうかと思ったのか、ビニールに入れて冷凍庫に入れたそう。。。

アレルギーに依るショック死という診断を獣医さんに下されたわけではないのですが、状況がネットで調べた症状と酷似していました。


<急性アナフィラキシー>
抗原が侵入して数分~30分以内に起こる反応です。
ショックと呼ばれる大変危険な状態を示します。
肝臓や腸で血管から血液が漏れ出て、急激に血圧が下がります。最初に興奮が見られ、よだれを出し、嘔吐、脱糞、放尿と続きます。ここで対処が遅れると虚脱、呼吸の低下、痙攣、昏睡へ進行し、死亡する可能性もあります。


何と接触したのかわかりませんが、はたまた、いやし犬だったので何かを拾い食いしたのかもしれません。元々アレルギー体質で、これまでもしばしばトラブルはあったのです。

ジョダが死んだ直後は本当にショックでした。ここ数年はジョダを預けてばかりいたので、かなり罪悪感も感じました。いつか埋め合わせをしてやろうと思っていたのに、そのチャンスもないまま逝っちゃうなんて。

ドアを開けてももうジョダは玄関まで来てくれません。直後は、ふとした瞬間にジョダを探したりしましたが、徐々に不在にも慣れてきました。ジョダがいなくなって散歩に行く必要がなくなり、運動不足にもなっています。

ジョダには寂しい思いをたくさんさせたけれど、可愛がっていたことは分かってくれてたんじゃないかな。今度は私が寂しい思いをする番です。

けれど正直言って、出張や旅行の度にジョダの行き先の心配をしないで良くなり、とても気が楽になりました。お金もかかりません。

家の中でジョダと言う犬を飼うまでは猫派だったんですけれど、やはり犬は可愛いかったです。いつか仕事や旅行で家を頻繁に空けずに済むようになったら、また犬を飼いたいと思います。

そんな日はしばらく来なさそうですが。

2013年8月30日金曜日

いやし犬(2)

(2)としましたが、同じタイトルで書いたことがあったかどうか不明。本当は(2)どころかこの手の事件は頻発しております。

とにもかくにもジョダはいやしい!

昨日、ちょっとおつかいに出て帰って来たら、テーブルの上に置いてあった未開封のチョコチップ入りチョコレートクッキーの袋がびりびりになって、一口分を除いて見事に消えていた。勿論犯人はジョダ。またチョコレートを食べて。。。(これまでにも何度もチョコを盗み食いしているが、その度に九死に一生を得ている。。。ってほど大事にも至ってない。)お腹の具合が悪くなったり、そこいらでゲロはかれるんじゃないかと気が気じゃなかったけれど、夕方に散歩に行くまでは普通だったんだ。

夕方(と言っても7時回ってた)散歩に行ったとき、後半はチョコレート色のうんちだったんだけど、だんだん下痢っぽくなってた。何度も用を足そうとするけれど出てこない感じでもあった。(暗くて出てるのか出てないのかも最後の方は見えなかった。)


晩ご飯を食べた後あたりから、なんかすっごく変で。何かをくれくれって感じでうるさくてうるさくて。仕方なく小さな牛皮を一切れあげた。あっという間に食べてその後もうるさくてうるさくて。無視して2階に上がったんだけれど、あんまりクンクン言うから下に降りたら、興奮して走り回って。遊んでほしいのか?とか思って(普段はそんな要求はしない)おもちゃを投げたら、自分でそれを振り回して投げて取りに走って、また振り回して投げて。。。を繰り返し、めちゃくちゃ走り回っている。


また放って2階にあがると、今度はキャンって感じで吠えるの。わけわかんないけど、もしかしてお腹痛くてトイレに行きたいのか?と外に連れ出したら、すっごく引っ張る。おしっこをたくさんしたけれどうんちをするそぶりはなし。それでまた家に戻ったら、12時頃にもまた同じ状況。キャンとか言うから、また外に出して。けど同じこと、おしっこだけでうんちをする素振りなし。

その後、私がベッドに入ったら、ベッドには来たんだけれど、ごそごそして落ち着かず、結局下に降りて行った。普通はそんなことはなく側で素直に寝るのです。そいで下から走り回ってる音が。。。無視して寝ました。

すると3時頃またキャンって声で起こされた。また外に出して、またおしっこだけ。。。そのまま私はベッドに戻りました。今度も上がって来ない。今朝降りて来たら、1階にあるジョダのベッドはひっくり返っていた。いったいどうしちゃったんだろう? 今朝の散歩ではちゃんとうんちをした。チョコレート色でした。そして今、すっごいいびきをかいて寝てる!

なんだかわかんないけどチョコレートですごいハイパーになったのと、アレルギーも出て痒かったみたい(昨夜寝る前に体が熱い感じがしたから小児用の抗ヒスタミンシロップも飲ませた。ちょっと落ち着くかなとも思って。。。あまり効果なかったみたいだけど。)

チョコレートは体に悪いって、ちっとは学習してくれないかなぁ。

怖い話(3)

もひとつ思い出した。

先日久々に車を点検に出した。NCに引っ越してからあまり車に乗らないのでオイルチェンジの時期がなかなか来ず3年も経ってしまった。(実は途中でディーラーに持って行ったのだけれど、いはく、最近のオイルはいいから走行距離が要件の距離に達したら交換すれば良いけれど、3ヶ月経ったからって交換無用って言われたのだ。)

その更に1ヶ月ほど前に、ふと気がついた。知らない間に自動ロックが機能しなくなってるじゃない。自動ロックとはある程度のスピードが出たら勝手にドアロックがかかるやつ。

そこでディーラーに、ついでにそれも修理してくださいとお願いして、私は近くのショッピングモールへ送ってもらい、買い物しながら待つことにした。

しばらーくしてからディーラーから電話。

「あの。。。点検はまだ終了してないんですけど、お宅の車にはオートロックのシステムは元々ついてないんですけど。。。」

「へっ!? そんな馬鹿な。だってしばらくしたらかちゃって言うロックする音を何度も聞いてますもの。」

「本当なんです。ちゃんとメーカーにも問い合わせましたがあの型にはその機能は備わっていないそうです。」

おっかしいなぁ〜。どの車だったんだろう。いくら何でも日本のオデッセイじゃないよね、10年近く前の話だし。シナコに盗られたシビックか? あのグレードの車にそんなもの付いてるか? 

とにかく再びぞぞぞっとした恥ずかしい体験でした。




2013年7月28日日曜日

怖い話(2)

やはり若年性アルツハイマー(え、もう若年じゃないって?)の疑いが払拭しきれない。

先日、コンドミニアムのゴミ捨て場に車でゴミを捨てに行った。歩くとちょっと距離があるから。翌日から出張だったので忘れずにゴミを捨てなくちゃと思っていたところ、外の雲行きが怪しくなってきたから急いで行ったのだ。

家に帰って、ビールで一息ついていると、ドアをノックする音。

誰? 宅急便を除くと我が家を訪ねて来る人はいない。今回は何も注文していないし。。。

恐る恐るドアを開けると、朝からコンドミニアムの庭の手入れをしていた蛍光色のベストを来た作業員のお兄さん。

「あの。。。雨が降って来たんだけど。。。お宅の車のトランク、開けっ放しなので。。。」

へっ!? 見るとトランク大全開。あの状態で気がつかずに運転して戻って来てたの?びしょびしょになる前に教えてもらって良かった。

このくらい大した話じゃない。もしこれだけであれば。

冷蔵庫を開けたら、何故かそこにハサミが入っていた。

コーヒーにミルクを入れようと冷蔵庫から取り出し、ぱっと注いだら、それは飲もうと思ってグラスに入れたばかりのグレープフルーツジュースだった。「スムージーだ」と自分に言い聞かせて飲もうと思ったけれど、やっぱり気持ち悪くて捨てました。。。

推理小説を読みながら、なんか読んだことあるなぁと思いながらもその先は全く思いつかないから、やっぱり読んでないんだろうと読み進み、一番最後の落ちまで読んで、「やっぱり読んだことあったわ」と、まるで「かりんとうの話」を地でいくエピソードもあった。

CTスキャンかMRIしてもらった方がいいのかなと、Facebookに書き込みをしたところ、

「わたしも、冷蔵庫に郵便物が入っていたことがありました」とともだち。

なんだ、じゃぁ私はフツウやん!(それとも類は友を呼ぶってこと?)

でも、極めつけに、こんなこともあった。(既にブログに書いたかな。。。それすら思い出せない。)

ジョダの散歩に出掛けた。しばらく歩いてふと気がつくと手元が軽い。見るとジョダがいない!

あれ? ジョダ、どこに行ったん? 逃げたんか?

その瞬間、背中がぞっとした。
もしかして。。。。

慌てて家まで戻ると、玄関のドアノブにジョダは繋がれておりました。
出がけに忘れ物を思い出して、ジョダのリードをノブに引っ掛けて家の中に戻り、その後散歩に出掛けたのに、肝心のジョダを忘れて行ったのです。。。。

このエピソードを書いたら、
「悩む余裕はありません、すぐに脳ドッグへ行ってください!」と別の友人に書き込まれた。

やっぱり行くべき?




一念発起(何度目の?)

Slendertoneなるものがあるのを知って早速注文しました。これは、そもそも病気などで運動できない人たちに電流(と思う)を使って、強制的に筋肉を動かして強化する目的で開発されたもの。

腰にベルトを巻いておくだけで、何もしないでも腹筋が強化されるなんて理想的でしょ?ずぼらな私にはぴったりじゃないですか。(ちなみに、腹筋だけじゃなくて、たるんだ顔の筋肉を引き締めるタイプもあります。そっちにした方が良かったか?)

お腹の脂肪が減るわけではないのですが、少なくとも腹筋が運動もせずに得られるなら、年寄りの私には有り難い話。

早速商品が到着したので試してみました。効果が出るには30日ほどかかるみたいですけれど。一応、腹筋は使っているらしいので、筋肉痛とかも出るらしいです。

商品に、Slendertoneは使わないのですが、簡単なお勧めエクササイズが幾つか載っている薄い冊子が付いて来ました。Slendertoneを使った後に、何だかやる気が出ていた私は、その冊子を見ながら、紹介されたエクササイズを幾つかやってみました。ランジとかスクワットとかそんなものです。

翌日。(翌日ですよ、翌日!)

朝起きたらめちゃくちゃ筋肉痛! 腹筋なんて全然痛くない。けれどお尻と太ももの筋肉がめっちゃ痛くて、階段の上り下りも、散歩に行ってジョダのウンチを拾うにも、しゃがむのが一苦労!

Slendertoneは効果があるのかどうかわかりませんが、あの冊子のエクササイズはどうやら使ってない筋肉を使ったらしく効果あるみたい。ま、これもSlendertoneの波及効果ってことで、喜ばしいではありませんか。(けど、大枚はたいて器具を買わなくったって、1人で出来るんですけど。)

さて、何事も続いた試しのないわたくしではありますが、効果が出てスレンダーな身体になる日は来るのでしょうか??

2013年7月24日水曜日

雷と犬

夕方、ジョダの散歩に出ましたら、いつものコースの四分の一も行かないところで雷が聞こえ始めました。空は少し暗くなり始めていましたが、まだ遠いところだったので、今日は短めに切り上げようかなと思いつつもそのまま歩を進めておりました。

すると突然、かなり大きな音が轟きました。思わず声を上げると、私の声に驚いたのか、雷の音に驚いたのか、突然ジョダは踵を返して(って、犬に踵があるんかどうか知りませんけど)、逆の方向に引っ張り始めました。

あんまり強く引っ張るものだから、私も駆け足になったのですが、それでも更に強く引っ張って走るものだから、時々首輪がしまって咳き込んでいるくらい。

老体と化した私の足ではこれ以上速く走れないし、首輪が締まるのも可哀想だし、リードを外してやることにしました。

すると雷鳴の響く中にご主人様を取り残して、一人(一匹)さっさと家の方へ掛けて行きます。

「ジョーダン!待ってよ!」と声をかけると、多少スピードは落とすものの、立ち止まってはくれません。曲がり角のところで、一瞬だけ止まって振り返ってくれたものの、その後は一目散に家へ。

ぜーぜー言いながら家の側まで辿り着くと、ドアの前で大人しく待っていました。

ふと見ると、近所のマルチーズ(か、何か知らんけどそれに似たような犬)が優雅な感じでご主人さまと歩いていました。

犬によっては雷がこわくないのもいるんでしょうかね?

これまでに飼った犬は、例外なく雷がなるとブルブル震えてましたけど。。。

2013年7月23日火曜日

クーポン

最近更新してないとおしかりを受け、気がついたら1ヶ月以上放置しておりました。

面白いことがあった時に、Facebookに書き込みをしてしまったら興奮がさめて、同じことをこちらに書く気にならず、余計に足が遠ざかってました。(興奮することもそんなにしばしばないし。)

でもFacebookは書き込める量が少ないから、そこが気に食わないんだけど。

Facebookとブログの中間みたいなのに、Tumblrって言うのがあるらしく、先日登録はしてみたものの、使い方もわからないし、思っていたのとはちょっと違って、今のところはブログの方がいいかな。


そんな話はともかく、今日は最近発見したクーポンの話。


ここのところ家に居ることが多いので、ネットで欲しい商品を注文したのですが、そこでの発見。

支払いの最後の画面になって、よく「Coupon Code」を入力するところがあるでしょう?

その時も最後にクーポンのコードが入力できるようになっていたのですが、そんなものは持っていない。そこで試しにネットでその「商品名とクーポン」というキーワードで検索してみたのです。するとたくさんのサイトが出て来て、適当なのを開いて見ると、あっと言う間に「1割引」のコードが見つかりました。

ほんとにこんなものが使えるのかと思いつつ、先ほどの注文画面に戻って、今しがた見つけた1割引コードを入力すると。。。

あらら、すんなりと合計金額が1割引に!

へぇ〜。


さて、今日もある商品を注文したのですが、25ドル以上でないと送料が無料にならない。$8.99の商品に$5.00の送料はもったいない。そこで、別に今買わなくてももいいのだけれど、いずれ使うからと、無理矢理今現在は不要な商品を追加して、25ドル以上にして、支払い画面へ。

するとここにもまた「クーポンコード」を入力する箇所が。

再びネットでこの会社のクーポンを探してみました。そこで「金額に関らず、送料が無料になる」クーポンを発見!

と言うことで、注文を必要なものだけに変更して発注。わーい!

是非お試しください!

2013年6月1日土曜日

言ってみてなんぼ

ダーラムのこの辺りはケーブル会社がひとつしかないので競争がない。

私はテレビは観ないし、電話は携帯のみだし、ケーブル会社との契約はインターネットのみ。(テレビや電話を合わせれば多少安くなるプランがある。)

ノースカロライナに引越して直後に契約した、インターネットのみの使用料金は、$44.90だった。

それが1年後には、$55.90と2割以上値上がりし、更に1年後には$67.90と、当初からは5割の値上げ。

しかも、そのわずか4ヶ月後には、更に$68.18へに値上がり。

一連の値上げには、不満なものの、ケーブル会社に電話をする暇もなく、そうこうしているうちに忙しさにかまけて忘れてしまい、毎月不満ながらも素直に料金を払っていたのだが、とうとう先日、腹に据えかねて、ケーブル会社に電話をした。

「おたくは新規利用者にはネット使用料が$19とか宣伝しているけど、私の使用料は毎年うなぎ上りよ。なんとか料金を下げる方法はないの?」

「テレビと固定電話を一緒に契約して頂くとお安くなりますが。」

「私は殆ど家に住んでないから、テレビも固定電話も必要ないの!」

「。。。そうですか。。。お客様はインターネットは何にご使用されていますか?」

「何にって、全てによ!」

「。。。さようでございますか。。。宣伝しております$19ドルと言うのは、データの容量が少ないタイプでして、お客様が現在契約されていますタイプは、データ量の多いターボタイプなんです。」

「だからぁ、今のサービスのまま、料金が下がる方法はないかって聞いているんです。」

「かしこまりました。では、来月より料金を$49に下げさせて頂きます。」

「へっ、そうなの? お願いしたらすぐに下げてくれるの? じゃあ、いちいち言われなくても、ずっとその安い料金を据え置きしてよ。」

「残念ながらそれは出来かねますが、1年が経過する前に再度わたくしどもにご連絡いただければ、料金据え置きは可能です。」

「えっ? いちいち電話しないといけないの?」

「さようです。」

「でも電話したら、安い料金が適用されるの?」

「さようです。」


と、言うことで、どういうシステムになっているかはわからないものの、言ってみるだけの価値ありですよ!

要するにみなさん、この国は、言ってみてなんぼなんですよ!

2013年5月31日金曜日

最高の顧客サービス

アメリカにお住まいの皆様は、何度も体験されていること。

何か困ったことが起きたり、変更が必要な場合に、カスタマーサービスに電話をするも、最初は機械に応答され、あれこれ選択を迫られて、対応すると思われる選択肢の番号を入力し(あるいは音声で伝え)、4つも5つも関門を越えた後に、ようやく生身の人間が現れ、要件を聞かれて、かくかくしかじかでと伝えたら、あいにくとここは係が違いますので別の者に転送しますと言われ、待っているうちに、プツリと電話が切れる。。。そして一からやり直し。

ほぼ、日常茶飯となった、アメリカでの顧客サービス体験であります。

ところが、今日はこれまでとはまったく違った体験!

前のブログに書きました通り、8月はハワイへキニコを訪ねて行くことにしました。幸い航空券はマイルで取ったのですが、ホテルは私のポイントが貯まっているヒルトン系は残念ながらカウアイ島には存在しないので、泣く泣く自腹でマリオット系のホテルを予約しました。(勿論一番安いところね。)

でも、9月には第2四半期の予定納税の支払いがあり(アメリカの自営業者は、源泉徴収がない代わりに四半期ごとに予め税金を見積って支払う必要があるのです。見積額が実際の額より低かった場合にはペナルティーとして利息が加算されますので、実質的には実際の金額よりもお多めに払うのが常なのです)、加えて8月に予約を入れたシミ取りレーザーの施術費の支払いもあります。(シミ取り体験に関しては別途)休暇とレーザーで仕事ができないので、8月の収入は激減するでしょう。そこへハワイでの休暇の費用が発生する訳です。

本当に払いきれるのだろうか。。。心細くなった私は、夫に「使えるホテルのポイントない?」とメールをしました。

するとマリオットのポイントを放出してくれると!

そこで、慌ててマリオットのカスタマーサービスに電話したのです。無論、機械の音声での応答。

「私はあなたの言うことが何でもわかります。ご用件をおっしゃってください。」

「ご用件」を言ったって、あちこち回されて、最終的には人間の担当者でしか解決できないのが殆どの場合ですので、手っ取り早く人間に繋いで欲しいから、
「係をお願いします」と言いました。

「わかりました。担当者ですね。正しい担当者にお繋ぎするために、もう少し詳細をお教えください。」

。。。むむむ。ここで、これまで機械の応答とはちょっと違うなと思いつつ、
「ポイントを使って予約をしたいのです」とちょっと真面目に返答。

すると、
「わかりました。ではアカウント番号をお教えください」

そこで夫のアカウント番号を伝えると、

「では、本人検証のため、現住所の郵便番号をお知らせください。」

むむむ。。。夫がどこの住所をマリオットに登録しているかわからない。。。日本の住所かな? そう思って日本の郵便番号を伝えると(あとから考えるとその番号自体が間違ってた。。。とほほ)、

「当方に登録のある番号とは一致しません。正しい郵便番号をお知らせください。」

。。。日本の郵便番号じゃなかったか。。。じゃあコネチカットのかな。でも覚えてないよ。。。

「うーん、覚えてないから、調べるしかないわよ。」と言えば、

「わかりました。お待ちします。準備ができたらおっしゃってください。」

ここで、私は舌を巻いた。機械と話してるって感じがしないのです。感心して、

「わぁ、あなたってめっちゃ賢い機械だわねー!」と言うと、

「お褒めの言葉、ありがとうございます。」

うぉっ! アップルのSiriより断然賢いかも!

しばらくネットで調べるも、焦ってるからちゃんと調べられず、

「うーん、調べてるけどわかんない。もうちょっと待ってね」と言うと、

「わかりました。お待ちします。準備ができたらおっしゃってください。」

同じことを繰り返すところは機械だわね。でもそうじゃなければ機械と話していることを忘れそう。

ようやくグリニッチの郵便番号を捜し当て、番号を伝えると、

「ありがとうございます。では係にお繋ぎします。」


そこで出て来た人間の女性の担当者に経緯をお伝えしました。取りあえず予約は入れたものの、自分のポイントでは足りないので、夫のポイントを転送してもらって、予約を切替たいと。

彼女が言うには、ポイントで宿泊するには、まずは自分のポイントで予約を入れて、足りない分は実際の宿泊時までに転送されていれば構わないと。実際チェックアウト時に足りなければ現金で払えば良いのだと。だってそうでしょう、今から1年後の予約を入れて、それまでにどれくらいポイントが貯まっているかはわからないでしょう?って。

なるほど。確かに理にかなってる。

でも、実はこの前に一度マリオットの予約担当には電話をしていて、当初予約した一部でも私のポイントで取って、残りは夫のポイントが転送された後に再びポイントでの予約に切り換えたいと言ったら、その時の係の人は、「まず最初に転送してもらってから、予約をポイントに切り換えて下さい」って言われたのです。

今度の係の人は、「申し訳ないけれど、その対応が間違っていました。では今から予約係に転送しますから、そこで一部をあなたのポイントで予約すると言ってください。残りは後から転送されるポイントで宿泊時までに切り換えればいいですから。私は後ろに控えてやり取りを聞いていますから、大丈夫です」って。

そこで別の係に転送されて、取りあえず既存の予約の一部を私のポイントに変えました。でもこの係のアイブンと言う人はアクセントが強くて。。。私には何を言っているのかよくわからなかったのです。

彼の言葉の意味を探ろうとしたところ、先ほどの係の彼女が出て来て、「大丈夫です。彼はあなたの予約の一部は既にポイントに変更してくれました。これで彼の役目は終わりです。アイブン君、ありがとう。あなたはもう切っても大丈夫よ。ここから先は私が請け負いましたから。」

それで、アイブン君は電話を切り、

「さて、これからはご主人のポイントをあなたのアカウントに転送する方法ですけれど。。。」

話を聞けば、夫のポイントを私に転送するには、承諾書なるものを作成し、それを夫に送り、夫がそれに署名をして、送り返さねばならないとのこと。

「送る方法ですけれど、承諾書はメールで送れるのですか?署名後はスキャンファイルをメールに添付して送れるのですか?」と尋ねれば、

「いえ、どちらも郵送かファックスのみです」

。。。

夫は出張ばかりで殆ど家にいないのです。郵便をいつ受け取れるのか。。。郵便では無理。ファックスならなんとかなると思ったのですが。。。

「ではファックス番号を教えてください」と言われ、よくよく考えると今日日ファックスなんて使わないから自宅のファックスは使う時にしか繋いでいない。会社のファックスは、私自身が番号を知らない。。。。

そこで尋ねてみました。

「今更なんですけど。。。夫のアカウントに私がログインして予約をするのが一番シンプルですよね?夫の名前での予約して。でも夫の名前で予約したところに、夫がいなくて家族は泊まれるものなのですか?」

「確かにご主人のアカウントを使って予約されるのが一番簡単です。でもお客様は最初にポイントを転送したいとおっしゃいましたからね。ただネットでのご予約はご主人以外の方の宿泊には使えません。ご主人のポイントでお客様がご使用される場合には、お客様がお電話で予約され、係にご主人のアカウント番号を使ってご自分の名前で予約したいと伝える必要があります。」

これにはちょっと驚きました。
大抵の場合は、こうした場合には「本人」が電話をしなければならないからです。夫が私たちのための手配をするのは面倒がるために、私は出来るだけ何でも自分でしようとしていたからです。私が夫の番号を使って予約できるなら、こんな楽なことはありません。

そこで、
「あれこれ言って時間を取って申し訳なかったけれど、ではそうすることにします」

そう伝えると彼女は、
「わかりました。けれど、先に新たな予約を取ってから、現在の予約をキャンセルするようにしてくだださいね。航空券の予約でもよくあることですが、キャンセルしてから取り直そうとすると、その座席はもうなくなっていることがありますから。」

こうして、私は新たな予約を夫のポイントを使って取るとにしたのですが、彼女との電話を切る前に、

「ちょっと待って。随分長いこと話してたから、貴方も辟易してるかもしれないけれど、これだけは言わせて! これまでいろんなカスタマーサービスがあったけれど、今日の体験がこれまでのカスタマーサービスで最高のサービスでした!」

彼女はクールに「ありがとうございます」って電話を切りましたが、マジで思います。

マリオットのサービスは他に類を見ないと思います。ポイント数だって、低いポイントで高級なホテルに泊まれるし、この辺りはヒルトンとは比較にならないです。(ヒルトンは最近ポリシーを変えて、更に多くのポイントを要求するようになったのです。。。)

今からホテルのポイントを貯めようと思っている貴方。マリオットが絶対的にお勧めです!

マリオットの回し者じゃないですけど、ヒルトンなんかより数段いいです!
(仕事でマリオット系に泊まれないのがほんとに残念!)

騙された。。。

キニコが仕事に疲れて骨休めに帰って来ることは書きました。

帰って来るタイミングには私は留守をしてるけれど、ひと月もいるから、会って話もできるし、ジョダの世話はしてくれると言うし。1週間ほどはNYの友達に会いに行くけれど、後は家にいて、次の仕事を捜す準備をすると。

キニコにしては建設的と言うか、先を睨んだ前向きな行動だと喜んでおった次第。


ハワイからここに戻るのは自分のマイレージを使ったとのこと。ここからハワイは、私のマイレージを使って良いからと、私のアメリカン航空のアカウント番号とログインのパスワードなどを教えてあったんですね。

しかし帰りの便をいつまで経っても予約しないから、早くしないと、どんどん席がなくなるよと、せかしていたのです。

とうとう3日ほど前に予約をしようとしたらしいのですが、途中まで予約したら、アメリカンの場合はアカウント名と支払い者名が一致しないとだめらしく、私に途中で電話して来ていたようなのですが、私は電話に気付かず。数時間後にキニコの電話に気付いた時には、既に当初のマイル数では取れなくなっておりました。

そこでアメリカンはあきらめ、LAまで自費で行ってついでに友人と会い、そこからユナイテッドのマイルでハワイまで戻ることになりました。


ちょっと話はそれますが、アメリカンのマイルが残ったので、それで私の8月のハワイ行きを取ることにしたのです。

すると。。。なんと、アカウント名が私の名前じゃなくてキニコになってるじゃないですか! 慌てて元に戻そうとしたら、「ネット上の名前変更は1回きりしか認められていません」ですって。

キニコに電話して、「なんてことしてくれたのよ〜!」って訴えると、「だって、ママが電話に出ないし、自分のカードで手数料を払おうとしたら、アカウント名とカードの名義が一致しないとだめだからって、変えてみたんだけど。。。」

もう、それからが大変。アメリカンに電話を入れて、名義変更をお願いしたら、「運転免許証などの身分証明書のコピーを送って頂ければ、10日ほどかかりますが変更可能」だって。

そしたら、どうやってチケット取るのよ〜。こうしているうちにあのマイル数では取れなくなるかもしれないし。

苦肉の策で、アカウント名はキニコのまま、私の名前で予約を入れ、但し手数料の支払いはキニコのカードですることに。「アンタがまいた種だから、それくらい払ってもいいでしょ」と。

って言ってもたったの10ドルなんですけど。

同時にアカウント名変更の申請書を提出しておきました。やれやれ。

それにしてもハワイは遠い。ホノルルならまだもう少し便利だったのでしょうが、カウアイ島ですからね。

行きは、ダーラムからシカゴ、ラスベガス、ロスアンゼルスを経て、カウアイ島へ。何が悲しくて3回も乗り換えなくちゃいけないのかわかりませんが、それが一番少ないマイルで行く方法。帰りはロスでの乗り換え1回だけ。でも行きは全てファーストクラス!それしか空いてなくて、マイル数も帰りのエコノミーより少ない。たくさん飛行機の乗れてファーストクラスなのに。。。解せませんけどね。

でも国内線のファーストなんて、ちょびっと席が広いのと、長距離でお食事が出るくらいなんですけど。(それでも嬉しいかな。帰りは長距離でお腹が空いたら、お金を払ってスナックを買うか、ひもじい思いを我慢するか、持ち込んだリンゴでもかじってなくちゃいけないですからね。)


で、話はやっと本筋へもどります。。。

昨夜、キニコからようやく、帰宅後のスケジュールが送られて参りました。

6月11日帰宅。
6月13日からニューヨーク。
6月26日帰宅。
7月4日ごろ ロスへ移動。
7月9日にロスからハワイへ。

へっ? ニューヨークは1週間じゃなかったの?

ジョダの面倒を見てくれるんじゃなかったの?

これじゃ家に居るのは1週間じゃない! どこが家に戻って仕事を捜すじゃ!


期待した私がアホでした。。。